環境省からの通知

環境省が動物虐待についての、通知を出しました。
ネグレクトが明文化され、いままで、あいまいだった虐待の定義が一つはっきりしました。
まだまだ、付け加えが必要な個所があると思いますが、一歩前進です。
餌も水も与えず、飢え死にした動物を目の前にして、虐待の定義がないという理由で
踏み込めない警察や地方行政、、、。
ざる法とされた動物愛護法の穴が一つ埋められて、嬉しいです。


愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→1年以下の懲役または100万円以下の罰金
愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→50万円以下の罰金
愛護動物を遺棄した者
→50万円以下の罰金
※愛護動物とは
人に飼われている「哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物」および、飼い主の有無にかかわらない全ての「牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる」

虐待の禁止
 動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。


 なお、食用にしたり、治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、正当な理由で動物を殺すことは虐待ではありませんが、その場合でもできる限り苦痛を与えない方法をとらなければなりません。

遺棄の禁止
遺棄の禁止
 動物の飼い主の責任には、動物を正しく飼い、愛情を持って扱うことだけでなく、最後まできちんと飼うことも含まれます。飼えないからと動物を捨てることは、動物を危険にさらし、飢えや乾きなどの苦痛を与えるばかりでなく、近隣住民にも多大な迷惑になります。また、近年は、日本の自然に生息していなかった外来生物が野外に放たれ、それによる農業被害や生態系破壊が大きな社会問題になっています。

どうぶつ基金では、法改正をするまでもなく、法規通達あるいは業務連絡のレベルで出来ることは、
政治主導で出来るはずと言い続けてきました。
幼齢動物の日齢に関しても、早急に通知(地方自治法245条4に基づく助言)を出していただきたいです。
犬の幼齢の定義は56日(8週間)未満とする。
猫の幼齢の定義は84日(12週間)未満とする。

私たちは、急いでいます!1日でも早く、日本の動物愛護法が動物たちを救う完璧な法律になるために声を上げていきます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by doubutukikin | 2010-03-29 14:46 | お知らせ
<< ネグレクト イベント視察&講演 >>