<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

創設者富岡操様について

e0129441_9123040.jpg冨岡操様

創設者 富岡操様 

七回忌十三回忌合同法要
平成19年5月27日 神奈川県愛甲郡清川村の蓮久寺にて、財団創設者 故富岡操様の七回忌十三回忌合同法要を執り行いました。

富岡操様は明治38年8月22日生まれ、旧海軍少将富岡定俊男爵(昭和45年没)の御夫人でした。

1988年全財産を提供し当財団を設立されました。

法要当日は会長佐上邦久が富岡様の御仏前にて財団の活動報告をさせていただきました。富岡様が残された浄財は財団の目的に則り動物たちの幸せのために役立っている事をお伝えしご冥福をお祈りいたしました。
合唱



e0129441_944079.jpg富岡 定俊様について

1897(明治30)年3月8日生
1970(昭和45)年12月7日没
東京都出身
日本海軍軍人
海軍少将
男爵
旧制高千穂中學出身
1917(大正6)年11月24日 海軍兵学校(45期)卒
 卒業成績89人中21番
1929(昭和4)年 海軍大学校(27期)首席卒
1936(昭和11)年12月1日 人事局第一課先任局員
1938(昭和13)年11月15日 海軍大佐
            12月20日 第二艦隊首席参謀
1939(昭和14)年11月1日 海軍大学校教官
1940(昭和15)年10月7日 軍令部作戦課長
1943(昭和18)年1月20日 巡洋艦「大淀」艦長
            9月1日 南東方面艦隊参謀副長
            11月1日 海軍少将
1944(昭和19)年4月6日 南東方面艦隊兼第十一航空艦隊参謀長
           11月7日 軍令部出仕
           12月15日 軍令部第一部長
1945(昭和20)年9月2日 降伏文書調印式 日本全権随員
           11月30日 予備役
           12月1日 第二復員省史実調査部長
1950(昭和25)年12月26日 帝国ホテルで草鹿任一、坂野常善、アーレイ・バーク、エディー・ピアスと会食
財団法人史料調査会理事長

著作「開戦と終戦」(毎日新聞社)
[PR]
by doubutukikin | 2007-05-27 17:00 | 沿革